Premiere Proでタイトルアニメーション4種を作る方法

タイトル文字Premiere Proの使い方
困ってる人
困ってる人
Premiere Proでかっこいいアニメーションつきのタイトルを作りたい!一体どうしたら作れるんだろう?

こういった疑問にお答えします。

✔︎ 本記事の内容
  • Premiere Proで4種のタイトルアニメーションを作る方法
  • モーショングラフィックステンプレートの入手方法
✔︎ 本記事の信頼性
私は仕事で教育サービス系の動画制作を行っています。
今までAdobe Premiere Proで100本以上の動画を編集&配信した経験をもとに本記事を書きました。
あさくら
あさくら
ぜひ本記事を読んで、Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成をマスターしてください!

また、タイトルに手書き風のアニメーションをつけたい人は、以下の記事を参考にしてくださいね。

>> Premiere Proで手書きアニメーションを制作!文字も絵もアニメにできる

★ Premiere Proを安く手に入れる方法
Premiere Proなど多数のデザイン系ソフトが使えるAdobe CCプラン。
公式パートナースクールから購入すれば、Adobe CCのソフトを特別価格でお得に使える上に、オンライン学習講座&プロによる添削指導つき。
※社会人の方も、Adobeソフトをすでに使用中の方も対象です。
→おトクな購入プランをチェックする
スポンサーリンク

Premiere Proで4種のタイトルアニメーションを作る方法

アニメーションタイトルの作成

Premiere Proでは、以下の4種のアニメーション付きタイトルを作ることができます。

  1. アニメーションのみで作る
  2. エフェクト×アニメーションで作る
  3. マスク×アニメーションで作る
  4. モーショングラフィックスで作る

シンプルな動きのみのタイトルを作る場合は1の方法で、
凝ったタイトルを作りたい場合は2〜4の方法で作るのがオススメです。

また、タイトル作成にできるだけ手間をかけたくない人は、4の方法なら効率よく作成できますよ。

あさくら
あさくら
それでは、それぞれの場合のタイトルアニメーションの作り方を解説していきます。

1.アニメーションのみで作る

はじめに、シンプルな動きのアニメーションタイトルの作り方を解説します。

タイトル文字の作成

まずは、エッセンシャルグラフィックスまたはレガシータイトルを使って好きなタイトル文字を制作しましょう。

フォントやサイズ、文字の配置などをタイトルの完成形に整えます。

※タイトル文字の作り方がわからない人は、こちらの記事を参考にしてください。

>> Premiere Proの使い方:タイトルの作成【基本〜応用】

アニメーションの設定

タイトル文字が作れたら、アニメーションの設定を行いましょう。

ここでは例として、タイトル文字が「下から上に移動するアニメーション」を作っていきます。

まず、タイムライン上にあるテキスト文字のクリップを選択(①)。
その状態で、エフェクトコントロールパネルの「モーション」or「テキスト」タブを表示してください(②)。

premiere proでのタイトルアニメーションの作成_01

あさくら
あさくら
タイトルをレガシータイトルで作った人は上の画像のように「モーション」タブを、エッセンシャルグラフィックスで作った人は「テキスト」タブを開きましょう。

次に、エフェクトコントロールパネルの再生バーをアニメーションの終了時間に移動します(③)。

※今回は1秒時点でアニメーションを終了する想定です。

Premiere Proでのタイトルアニメーション作成-02

その後、「位置」の左側にある「アニメーションのオン/オフ」ボタンをクリックして、キーフレームを設定してください(④)。

Premiere Proでのタイトルアニメーション作成-03
あさくら
あさくら
タイトルをエッセンシャルグラフィックスで作った人は、「モーション」タブではなく「テキスト」タブの「位置」のキーフレームを設定してくださいね。

次に、再生バーをアニメーションの開始時間に移動します(⑤)。

※今回は0秒時点からアニメーションを開始する想定です。

Premiere Proでのタイトルアニメーション作成-04

「位置」の右側にあるX軸・Y軸の数値を変更して、タイトルの位置をアニメーション開始時点の位置に調整してください(⑥)。

数値を変えるだけで、開始のキーフレームが自動的に設定されます。

※今回はタイトルを下から上に移動させたいので、Y軸の数値を変えてタイトルの位置を下に動かしました。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-05

以上でアニメーションの設定は完了です。

あさくら
あさくら
設定ができたら、タイトルの動きが合っているかプレビュー再生で確認してみてください。

2.エフェクト×アニメーションで作る

次に、エフェクトとアニメーションを組み合わせた作成方法です。

タイトル文字の作成・アニメーションの設定

まずは、1の方法の解説と同様の流れで、タイトルの作成とアニメーションの設定をしてください。

イメージ通りのアニメーションが設定できたら、ここにエフェクトをかけていきましょう。

あさくら
あさくら
Premiere Proには多数のエフェクトがあり、どれを使ってもOKです。ここでは、ブラー(ガウス)を使った例を紹介します。

エフェクトの適用

画面上部のエフェクトメニューをクリックして、エフェクトパネルを開きます(①)。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-06

その後、以下の手順で「ブラー(ガウス)」のエフェクトを見つけ出しましょう(②)。

「ビデオエフェクト」→「ブラー&シャープ」→「ブラー(ガウス)」

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-07

あさくら
あさくら
もちろん、エフェクトの検索窓に直接「ブラー」と打ち込んで検索してもOKです。

「ブラー(ガウス)」を見つけたら、タイトル文字のクリップにドラッグ&ドロップで適用してください(③)。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-08

これで、タイトル文字クリップのエフェクトコントロールパネルには、「ブラー(ガウス)」タブが追加されます。

再生バーをクリップの冒頭に合わせて、「ブラー」の値を0から大きい値に変更してみてください(④)。

※以下の例ではブラーの値を100に設定しています。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-09

すると、モニターの文字が上の図のようにぼやけます。

この状態で、「ブラー」の左の「アニメーションのオン/オフ」ボタンをクリックしてキーフレームを設定してください(⑤)。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-10

その後、エフェクトを終了したいタイミングに再生バーを移動させ、「ブラー」の値を0に戻しましょう(⑥)。

数値を変えるだけで、終了のキーフレームが自動的に設定されます。

※例では、1秒時点でエフェクトを終了しています。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-11

これでエフェクトを使ったアニメーションの設定が完了しました。

あさくら
あさくら
エフェクトには数多くの種類がありますので、お好みの種類を探してみてください!

3.マスク×アニメーションで作る

次に、マスクとアニメーションを組み合わせた作成方法です。

タイトル文字の作成・アニメーションの設定

こちらでも、まずは1の方法の解説と同様の流れで、タイトルの作成とアニメーションの設定をしてください。

あさくら
あさくら
タイトル作成とアニメーションの設定ができたら、マスクの設定をはじめましょう。

マスクの設定

タイトル文字のクリップを選択(①)して、エフェクトコントロールパネルを開きましょう。

「不透明度」タブを開くと、すぐ下にマスク作成ボタンが出てくるので、好みの形をクリックしてください(②)。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-12

あさくら
あさくら
Premiere Proのマスク作成ボタンは、「○・□・ペンマーク」の3つです。
それぞれボタンの形通りのマスクを簡単に作成できます。

※例では、□のマスク作成ボタンをクリックしています(③)。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-13

次に、エフェクトコントロールの再生バーをクリップ冒頭に合わせてください。

そして、モニター画面のマスクをドラッグして、以下の図のように文字の左端に移動させましょう(④)。

マスクで囲った範囲のタイトルが表示されるため、この操作でモニター画面からは全ての文字が消えるはずです。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-14

この状態で、エフェクトコントロールパネルの「マスクパス」の左の「アニメーションのオン/オフ」をクリックして、キーフレームを設定してください(⑤)。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-15

次に、アニメーションが終了する時点(例では1秒)に再生バーを合わせます(⑥)。

その後、モニター画面のマスクをタイトル文字が全て見えるように広げましょう(⑦)。

この操作で、マスクパスのキーフレームも自動的に設定されます。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-16

以上で、徐々に文字が左端から表示されるマスクの設定が完了しました。

あさくら
あさくら
設定が終わったら、プレビュー再生でアニメーションとマスクがうまく適用されているか確認してみてくださいね。

4.モーショングラフィックスで作る

最後に、モーショングラフィックスを使った作成方法です。

あさくら
あさくら
この方法が最も手軽にタイトルを作成できるので、細かいデザインにこだわりがない人はぜひ試してみてください!

まず、タイトルの素材などは何も用意せずに、画面上部の「グラフィック」メニューを選択してください(①)。

すると、エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブが画面右側に表示されます(②)。

Premiere Proでのタイトルアニメーション作成-17

あさくら
あさくら
エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブには、アニメーションタイトルのテンプレート一覧が表示されています。

「参照」タブの一覧から、イメージに近いタイトルテンプレートを選び、タイムライン上にドラッグ&ドロップしてください(③)。

すると、以下のようにクリップが表示されます(④)。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-18

その後、クリップを選択して、エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブから、テキストの編集などを行っていきます(⑤)。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-19

また、エフェクトコントロールパネルからは、位置やスケール、アニメーションの設定などを変更することもできます(⑥)。

Premiere Proでのタイトルアニメーションの作成-20

以上で、モーショングラフィックスでのタイトル作成は完了です。

あさくら
あさくら
イメージに近いテンプレートを選び、自分で少し手を加えて完成させるやり方も効率が良くてオススメですよ!

モーショングラフィックステンプレートの入手方法

モーショングラフィックス

モーショングラフィックスのテンプレートは、Premiere Proに元々入っているもの以外にオンライン上で配布されているものも使えます。

以下のサイトでは、有料・無料問わず、数多くのテンプレート配布サイトを紹介してくださっています。

>>【Premiere Pro】モーショングラフィックステンプレート39選

また、以下のサイトでは配布テンプレートをPremiere Proに読み込む方法を紹介してくださっています。

>>【商用利用OK】Premiere Proのテキストアニメーション・テンプレート100種類

あさくら
あさくら
他の人と被らない、オリジナリティのあるタイトルアニメーションを取り入れたい人はぜひ試してみてください!

制作する動画の魅力をさらにアップする方法3選

制作する動画の魅力をより高めたい人にオススメの方法は以下の3つです。

  1. 編集に他のAdobeソフトを導入する
  2. 独学やスクールで動画関連スキルを上げる
  3. 撮影素材のクオリティを上げる

具体的に1つずつ解説していきます。

編集に他のAdobeソフトを導入する

Adobe After Effects

Premiere Proだけでも動画編集はできますが、同じくAdobeソフトであるAfter Effectsを導入することでより自由度の高い映像制作が可能になります。

After Effectsが強いのは、3D空間での編集やビジュアル・エフェクツです。

動画編集でできることの幅を広げるためにも、動画編集者は使い方を学んでおいたほうが良いでしょう。

さらに、PhotoshopIllustratorなどの画像編集ソフトを使えば、動画に使う画像素材も自作でき、制作の幅がより広がります。

あさくら
あさくら
After EffectもPhotoshopなどの画像編集ソフトも全部まとめて使えるAdobeのお得なプランもあります。詳細は以下の記事をどうぞ。

独学やスクールで動画関連スキルを上げる

パソコンで動画編集を勉強している男性

魅力的な動画を作るためには、動画関連のスキルを学び続けることも重要です。

勉強方法は「独学」か「スクール」の2択になるため、それぞれのオススメのやり方を以下にまとめておきます。

独学で勉強する場合

動画制作について独学で勉強する場合は、書籍やネット上にある情報で学ぶことが必要です。

参考書はレベルに合わせて様々なものが出版されていますので、以下から自分に合うものを探してみてください。

→Premiere Proの参考書をチェックする

→動画撮影の参考書をチェックする

ネットで学ぶ場合は、動画関連の有名メディアであるVOOKの記事を参考に動画編集や撮影の知識を深めると良いと思います。

テキストではなく映像で学びたい!という人は、Adobe公式のチュートリアルやYouTuberが発信している動画を参考にすると良いでしょう。

より具体的な独学での勉強方法について、興味がある人は以下の記事を参考にどうぞ。

スクールで勉強する場合

動画制作についてスキルアップするためには、スクールに通ってプロに教わるのもオススメです。

スクールでは実務に必要な正しい知識を得られる上に、独学よりも効率的に学べるメリットがあります。

スクールで具体的に身につけられるスキルは以下の通りです。

  • 動画編集ソフトの操作方法
  • 企画&シナリオ構成力
  • 動画撮影の技術
  • 動画マーケティング など

おすすめの動画編集スクールやスクールの選び方について、興味があれば以下の記事をどうぞ。

撮影素材のクオリティを上げる

一眼カメラで撮影する男性

動画編集ソフトがいくら上手に使えても、撮影素材自体が良くなければ編集だけでカバーすることは難しくなります。

映像素材の画質や音質、切り取り方は動画の魅力に直結する大事な要素です。

編集だけでなく撮影も行う人は、撮影技術について学ぶor良い撮影機材を揃えるなどして、素材のクオリティを上げることを目指しましょう。

以下の記事では私がオススメする撮影機材を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

文字

本記事では、タイトルアニメーションの作成方法について解説しました。

Premiere Proでは、以下の4種のタイトルアニメーションを作ることができます。

  1. アニメーションのみで作る
  2. エフェクト×アニメーションで作る
  3. マスク×アニメーションで作る
  4. モーショングラフィックスで作る

タイトルにかっこいいアニメーションがついていると、それだけで動画の質が上がりますよね。

イメージ通りのタイトルを自作したければ、アニメーションやエフェクト、マスク機能を使って。
手間をかけずにタイトルを作りたければ、モーショングラフィックスを使うと良いでしょう。

お好きな方法で、ぜひ魅力的なタイトル作りにチャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました