Premiere Pro用タイトルテンプレートの入手方法&使い方

Premiere Proの使い方
困ってる人
困ってる人
Premiere Proで使えるタイトルテンプレートはどうすれば手に入るのかな。ダウンロード方法や使い方を教えて欲しい!

こういった疑問にお答えします。

✔︎ 本記事の内容
  • Premiere Proで使えるタイトルテンプレートの探し方
  • Premiere Proでのタイトルテンプレートの使い方
  • 自作したタイトルをテンプレートとして保存する方法
✔︎ 本記事の信頼性
私は仕事で教育サービス系の動画制作を行っています。
今までAdobe Premiere Proで100本以上の動画を編集&配信した経験をもとに本記事を書きました。

複雑なアニメーションを使ったタイトルは確かにかっこいいですが、作成に時間がかかることも多いです。

「タイトルはかっこよくしたいけど、作業に時間はかけたくない!」という時は、タイトルテンプレートを使うことをオススメします。

Premiere Pro用のタイトルテンプレートは、有料・無料に関わらず、ネット上で数多く配布されています。

本記事では、テンプレートの入手方法とその使い方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

★ Premiere Proを安く手に入れる方法
Premiere Proなど多数のデザイン系ソフトが使えるAdobe CCプラン。
公式パートナースクールから購入すれば、Adobe CCのソフトを特別価格でお得に使える上に、オンライン学習講座&プロによる添削指導つき。
※社会人の方も、Adobeソフトをすでに使用中の方も対象です。
→おトクな購入プランをチェックする
スポンサーリンク

タイトルテンプレートのダウンロード先

インターネット画面

タイトルテンプレートは、Premiere Proのエッセンシャルグラフィックスパネルから無料のものを一部使用できます。

以下の画像の通り、初めからマイテンプレートタブにあるものや、Adobe Stockの「無料」を選択して出てくるものは無料で使用可能です。

タイトルテンプレート

あさくら
あさくら
Adobe Stockとは、ロイヤリティーフリーの写真や動画、イラスト素材などを2億点以上提供するストックフォトサービスのことです。

Adobe Stockには有料プランもあり、そちらではさらに豊富なテンプレート素材を使用することができます。

興味がある人は、ぜひ以下の公式サイトで詳細をチェックしてくださいね。

>> Adobe Stock公式サイトはこちら

また、Adobe Stock以外にも、多数のテンプレートがインターネット上で配布されています。

配布されているテンプレートのダウンロード先は、以下のサイト様がまとめてくださっていますので参考にしてください。

>>【Premiere Pro】モーショングラフィックステンプレート39選

ダウンロードしたタイトルテンプレートの使い方

Premiere Pro

ここからは、インターネット上でダウンロードした配布テンプレートを実際に使用する時の手順を紹介します。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. 希望のテンプレートをオンライン上でダウンロードする
  2. Premiere Proのエッセンシャルグラフィックスパネルを開く
  3. パネル右下の「モーショングラフィックステンプレートをインストール」マークをクリック
  4. 読み込みたいmogrtファイルを選択
  5. 追加されたテンプレートをタイムライン上にドラッグ&ドロップ
ダウンロードしたテンプレートフォルダにPremiere Proのプロジェクトファイルが含まれる場合は、プロジェクトを開くだけでテンプレートの利用が可能です。

それでは、順番にPremiere Proの画面つきで解説していきます。

まず、希望のテンプレートをオンライン上でダウンロードしてください。

あさくら
あさくら
ダウンロードの流れは各テンプレート提供サイトの指示に従ってください。

ダウンロードが完了したら、Premiere Proのグラフィックメニューをクリックして(①)、エッセンシャルグラフィックスパネルを開きましょう(②)。

タイトルテンプレート_02

その後、エッセンシャルグラフィックスパネルの右下にある、フォルダ(モーショングラフィックステンプレートをインストール)のマークをクリックします(③)。

すると、以下のようにフォルダが開きますので、ダウンロードしたテンプレートのmogrtファイルを選択後、「開く」をクリックしてください(④)。

タイトルテンプレート_03

これで、指定したテンプレートがエッセンシャルグラフィックスパネルに表示されます(⑤)。

あとは表示されたテンプレートをタイムライン上にドラッグ&ドロップすれば準備完了です(⑥)。

タイトルテンプレート_04

ちなみに、読み込んだテンプレートのアニメーションやテキストなどを好きにアレンジすることも可能です。

アニメーションの調整は、以下のように、テンプレートのクリップを選択した状態でエフェクトコントロールから行ってください(⑦)。

タイトルテンプレート_05

テキストを編集する時は、グラフィックメニューをクリック(⑧)してエッセンシャルグラフィックスパネルを開きましょう。

その後、「編集」タブを選択して各テキストを編集すればOKです(⑨)。

タイトルテンプレート_06

以上で、タイトルテンプレートをPremiere Proで使用するための基本操作は完了です。

あさくら
あさくら
テンプレートを使えば、かっこいいタイトルが手軽に作れますので、ぜひいろいろな種類を試してみてください!

自作したタイトルをテンプレートとして保存する方法

動画編集者-02

実は、Premiere Proでは自作したタイトルアニメーションをテンプレートとして保存することもできます。

やり方は非常にカンタンで、以下の通りにすればOKです。

  1. タイトルアニメーションを作成
  2. クリップを右クリックして「モーショングラフィックステンプレートとして書き出し」を選択
  3. テンプレート名と保存先を指定して「OK」をクリック

それでは、順番にPremiere Proの画面つきで解説していきます。

まずは、テンプレート化したいタイトルを自作しましょう(①)。

今回は元々マイテンプレートに入っていたタイトルを元に、色やストロークの太さを調整した物をテンプレート化します。

タイトルテンプレート_07

次に、タイムライン上にあるタイトルクリップの上で右クリックをしてください。

メニューが開くため、その中から「モーショングラフィックステンプレートとして書き出し」を選択します(②)。

タイトルテンプレート_08

すると、以下のようなウィンドウが開くため、テンプレートの名前と保存先を設定して(③)、「OK」をクリックしてください(④)。

タイトルテンプレート_09

書き出しが完了したら、自作したテンプレートは、以下のようにエッセンシャルグラフィックスパネルのマイテンプレートの中に追加されます(⑤)。

タイトルテンプレート_10

あさくら
あさくら
保存したテンプレートは、タイムラインへドラッグ&ドロップすればいつでも使用可能ですので、どんどん使ってみてください!

制作する動画の魅力をさらにアップする方法3選

制作する動画の魅力をより高めたい人にオススメの方法は以下の3つです。

  1. 編集に他のAdobeソフトを導入する
  2. 独学やスクールで動画関連スキルを上げる
  3. 撮影素材のクオリティを上げる

具体的に1つずつ解説していきます。

編集に他のAdobeソフトを導入する

Adobe After Effects

Premiere Proだけでも動画編集はできますが、同じくAdobeソフトであるAfter Effectsを導入することでより自由度の高い映像制作が可能になります。

After Effectsが強いのは、3D空間での編集やビジュアル・エフェクツです。

動画編集でできることの幅を広げるためにも、動画編集者は使い方を学んでおいたほうが良いでしょう。

さらに、PhotoshopIllustratorなどの画像編集ソフトを使えば、動画に使う画像素材も自作でき、制作の幅がより広がります。

あさくら
あさくら
After EffectもPhotoshopなどの画像編集ソフトも全部まとめて使えるAdobeのお得なプランもあります。詳細は以下の記事をどうぞ。

独学やスクールで動画関連スキルを上げる

パソコンで動画編集を勉強している男性

魅力的な動画を作るためには、動画関連のスキルを学び続けることも重要です。

勉強方法は「独学」か「スクール」の2択になるため、それぞれのオススメのやり方を以下にまとめておきます。

独学で勉強する場合

動画制作について独学で勉強する場合は、書籍やネット上にある情報で学ぶことが必要です。

参考書はレベルに合わせて様々なものが出版されていますので、以下から自分に合うものを探してみてください。

→Premiere Proの参考書をチェックする

→動画撮影の参考書をチェックする

ネットで学ぶ場合は、動画関連の有名メディアであるVOOKの記事を参考に動画編集や撮影の知識を深めると良いと思います。

テキストではなく映像で学びたい!という人は、Adobe公式のチュートリアルやYouTuberが発信している動画を参考にすると良いでしょう。

より具体的な独学での勉強方法について、興味がある人は以下の記事を参考にどうぞ。

スクールで勉強する場合

動画制作についてスキルアップするためには、スクールに通ってプロに教わるのもオススメです。

スクールでは実務に必要な正しい知識を得られる上に、独学よりも効率的に学べるメリットがあります。

スクールで具体的に身につけられるスキルは以下の通りです。

  • 動画編集ソフトの操作方法
  • 企画&シナリオ構成力
  • 動画撮影の技術
  • 動画マーケティング など

動画編集といっしょに撮影技術やマーケティング、仕事の獲得ノウハウなどをまとめて学べるスクールもたくさんありますよ。

おすすめのスクールやスクールの選び方について、興味があれば以下の記事をどうぞ。

撮影素材のクオリティを上げる

一眼カメラで撮影する男性

動画編集ソフトがいくら上手に使えても、撮影素材自体が良くなければ編集だけでカバーすることは難しくなります。

映像素材の画質や音質、切り取り方は動画の魅力に直結する大事な要素です。

編集だけでなく撮影も行う人は、撮影技術について学ぶor良い撮影機材を揃えるなどして、素材のクオリティを上げることを目指しましょう。

以下の記事では私がオススメする撮影機材を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

タイトルテンプレート

本記事では、Premiere Pro用のタイトルテンプレートの入手方法と使い方、自作タイトルをテンプレート保存する方法を解説しました。

タイトルテンプレートの使い方をもう一度まとめると、以下の通りです。

  1. 希望のテンプレートをオンライン上でダウンロードする
  2. Premiere Proのエッセンシャルグラフィックスパネルを開く
  3. パネル右下の「モーショングラフィックステンプレートをインストール」マークをクリック
  4. 読み込みたいmogrtファイルを選択
  5. 追加されたテンプレートをタイムライン上にドラッグ&ドロップ

自作したタイトルをテンプレートとして保存する方法は以下の通りです。

  1. タイトルアニメーションを作成
  2. クリップを右クリックして「モーショングラフィックステンプレートとして書き出し」を選択
  3. テンプレート名と保存先を指定して「OK」をクリック

本記事で解説した通り、ネット上では数多くのテンプレートが配布されています。

簡単にかっこいいタイトルを作ることができますので、興味がある人はぜひ色々試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました