premiere Proで正円マスクを作る方法!移動・サイズ調整も解説

正円のマスクPremiere Proの使い方
困ってる人
困ってる人

Premiere Proで作ったマスクの形を正円にする方法が知りたいな。ついでに、マスクのサイズ・動きなどの調整テクニックも教えて!

 

こういった疑問にお答えします。

 

✔︎ 本記事の内容

  • Premiere Proのマスク機能の基本的な使い方
  • Premiere Proでのマスクの調整方法(サイズ変更・位置移動など)
  • マスク機能の応用テクニック(トラッキング・アニメーションなど)

 

✔︎ 本記事の信頼性

私は仕事で教育サービス系の動画制作を行っています。
今までPremiere Proで多数の動画を編集&配信した経験をもとに本記事を書きました。

 

Premiere Proのマスクを使えば、素材の一部を切り抜くor隠すことができます。

 

マスクのデフォルト設定では、長方形・楕円形・ペンマスクの3つの形しか作れませんが、
一工夫すれば正円のマスクを作成することも可能です。

 

今回は、正円のマスクの作り方の他、マスクのサイズ・位置、動きの調整方法もあわせて解説します。
正円のマスクを作りたい人は、ぜひ本記事を参考にしてください!

 

 

 

スポンサーリンク

素材の切り抜きはマスク機能でできる!

 

Adobe Premiere Proのマスク機能を使えば、以下のように素材の一部を切り抜いたり、反対に隠したりすることができます。

 

※左図がマスクで素材を切り抜いた例、右図が素材を隠した例。

Premiere Proのマスク機能_01

 

あさくら
あさくら

マスクの形状は、本記事で作り方を解説する「正円」の他、「楕円形」「長方形」「ペンツール」などの形で作成できますよ。

 

Premiere Proでマスクの形を正円にする方法

 

Premiere Proで正円形のマスクを作る方法は以下の通りです。

 

  1. 新規プロジェクトを作成
  2. ベースの素材とマスク用素材をプロジェクトに読み込む
  3. タイムラインのV1にベース素材、V2にマスク用素材を配置
  4. カラーマットを作成してV3に配置
  5. 「円」のエフェクトをカラーマットに適用
  6. 「トラックマットキー」のエフェクトをマスク用素材に適用
  7. マスク用素材のエフェクトコントロールを開く
  8. 「トラックマットキー」の「マット」の項目を『ビデオ3』に変更
    →作業完了

 

まずは新規プロジェクトを作成して、タイムラインのV1にベースとなる素材、V2にマスク用の素材をそれぞれ読み込みます。
※新規プロジェクトの作り方が分からない人はこちら、素材の読み込み方が分からない人はこちらを参考にしてください。

 

画面左下のプロジェクトパネル→「新規項目」→「カラーマット」を選択します。

 

Premiere Proのマスク機能_15

 

その後「新規カラーマット」ウィンドウが開くので「OK」を押します。

続いて、カラーマットの色と名前を設定してください。
※ここで選択する色は何色でも構いません。

 

Premiere Proのマスク機能_16

 

これでカラーマットの作成は完了です。

プロジェクトパネルに新規作成されたカラーマットを、タイムラインのV3に配置します。

 

Premiere Proのマスク機能_17

 

次に、エフェクトパネルを開いて、「円」のエフェクトをカラーマットにドラッグ&ドロップで適用します。

※円のエフェクトは「ビデオエフェクト」→「旧バージョン」→「円」で辿るか、検索窓に打ち込んで選択してください。

 

Premiere Proのマスク機能_18

 

次に、エフェクトパネルから「トラックマットキー」のエフェクトをV2のマスク用素材にドラッグ&ドロップで適用します。
※トラックマットキーのエフェクトは「ビデオエフェクト」→「キーイング」→「トラックマットキー」で辿るか、検索窓に打ち込んで選択してください。

 

Premiere Proのマスク機能_19

 

適用できたら、マスク用素材のエフェクトコントロールを開き、「トラックマットキー」の「マット」の項目を『なし』→『ビデオ3』に変更します。

 

Premiere Proのマスク機能_20

 

以下のように、マスク用素材が正円の形に切り抜かれたら作成完了です。

 

Premiere Proのマスク機能_21

 

あさくら
あさくら

このままの仕上がりだと不自然なので、次にマスクのサイズや位置を整えましょう。やり方は次章以降で解説します。

 

マスクのサイズを変更する方法

 

ここからは、マスクのサイズを変更する方法を解説します。

 

まず、V2素材の大きさは変えずに、円で切り抜くサイズだけを変えたい場合は、
V3のカラーマットに適用した「円」エフェクトの「半径」の値を調整しましょう。

 

※以下の例では、半径を『75』→『250』に変更しています。

Premiere Proのマスク機能_22

 

また、マスクだけでなくV2素材の大きさ自体も変更したい場合は、
V2素材のエフェクトコントロールの「スケール」を調整してください。

 

※以下の例では、スケールを『100』→『200』に変更しています。

Premiere Proのマスク機能_23

 

マスクを移動する方法

 

次に、マスクの位置を移動する方法を解説します。

 

マスク位置を移動するやり方は簡単で、
V2素材のエフェクトコントロールの「位置」の値を調整するだけです。

※以下の例では、位置を『960,540』→『1550,770』に変更しています。

Premiere Proのマスク機能_24

 

あさくら
あさくら

「位置」は、左の値がX軸の位置、右の値がY軸の位置を表します。

実際にそれぞれの値を変えて動かしてみてください。

 

Premiere Proのマスク機能で使える応用テクニック

複数のマスクの作成

 

Premiere Proでは、さまざまな形のマスクを作る以外に、以下のようなことも可能です。

 

  • マスクにアニメーションをつける
  • マスクトランジションを作成する
    ※マスクトランジション:マスクを利用した映像の切り替え効果
  • マスクにトラッキングを設定する
    ※トラッキング:追尾の動き
  • 複数のマスクを作成する

 

それぞれのやり方は以下の記事でくわしく解説していますので、参考にしてください。

 

 

制作する動画の魅力をさらにアップする方法3選

 

制作する動画の魅力をより高めたい人にオススメの方法は以下の3つです。

 

  1. 編集に他のAdobeソフトを導入する
  2. 独学やスクールで動画関連スキルを上げる
  3. 撮影素材のクオリティを上げる

 

具体的に1つずつ解説していきます。

 

編集に他のAdobeソフトを導入する

Adobe After Effects

 

Premiere Proだけでも動画編集はできますが、同じくAdobeソフトであるAfter Effectsを導入することでより自由度の高い映像制作が可能になります。

 

After Effectsが強いのは、3D空間での編集やビジュアル・エフェクツです。

動画編集でできることの幅を広げるためにも、動画編集者は使い方を学んでおいたほうが良いでしょう。

 

さらに、PhotoshopIllustratorなどの画像編集ソフトを使えば、動画に使う画像素材も自作でき、制作の幅がより広がります。

 

あさくら
あさくら

After EffectもPhotoshopなどの画像編集ソフトも全部まとめて使えるAdobeのお得なプランもあります。詳細は以下の記事をどうぞ。

 

 

独学やスクールで動画関連スキルを上げる

パソコンで動画編集を勉強している男性

 

魅力的な動画を作るためには、動画関連のスキルを学び続けることも重要です。

勉強方法は「独学」か「スクール」の2択になるため、それぞれのオススメのやり方を以下にまとめておきます。

 

 

独学で勉強する場合

 

動画制作について独学で勉強する場合は、書籍やネット上にある情報で学ぶことが必要です。

参考書はレベルに合わせて様々なものが出版されていますので、以下から自分に合うものを探してみてください。

 

→Premiere Proの参考書をチェックする

→動画撮影の参考書をチェックする

 

ネットで学ぶ場合は、動画関連の有名メディアであるVOOKの記事を参考に動画編集や撮影の知識を深めると良いと思います。

テキストではなく映像で学びたい!という人は、Adobe公式のチュートリアルやYouTuberが発信している動画を参考にすると良いでしょう。

 

より具体的な独学での勉強方法について、興味がある人は以下の記事を参考にどうぞ。

 

 

 

スクールで勉強する場合

 

動画制作についてスキルアップするためには、スクールに通ってプロに教わるのもオススメです。

スクールでは実務に必要な正しい知識を得られる上に、独学よりも効率的に学べるメリットがあります。

 

スクールで具体的に身につけられるスキルは以下の通りです。

 

  • 動画編集ソフトの操作方法
  • 企画&シナリオ構成力
  • 動画撮影の技術
  • 動画マーケティング など

 

動画編集といっしょに撮影技術やマーケティング、仕事の獲得ノウハウなどをまとめて学べるスクールもたくさんありますよ。

おすすめのスクールやスクールの選び方について、興味があれば以下の記事をどうぞ。

 

 

撮影素材のクオリティを上げる

一眼カメラで撮影する男性

 

動画編集ソフトがいくら上手に使えても、撮影素材自体が良くなければ編集だけでカバーすることは難しくなります。

 

映像素材の画質や音質、切り取り方は動画の魅力に直結する大事な要素です。

編集だけでなく撮影も行う人は、撮影技術について学ぶor良い撮影機材を揃えるなどして、素材のクオリティを上げることを目指しましょう。

 

以下の記事では私がオススメする撮影機材を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

まとめ

円を持ちながら笑う人々

 

本記事では、Premiere Proでの正円マスクの作り方を解説しました。

正円のマスクを作る基本的な流れは以下の通り。

 

  1. 新規プロジェクトを作成
  2. ベースの素材とマスク用素材をプロジェクトに読み込む
  3. タイムラインのV1にベース素材、V2にマスク用素材を配置
  4. カラーマットを作成してV3に配置
  5. 「円」のエフェクトをカラーマットに適用
  6. 「トラックマットキー」のエフェクトをマスク用素材に適用
  7. マスク用素材のエフェクトコントロールを開く
  8. 「トラックマットキー」の「マット」の項目を『ビデオ3』に変更
    →作業完了

 

マスクはさまざまな形状で作成できる以外に、サイズや位置、動きなども調整可能です。
ぜひ本記事を参考に正円マスクを作ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました